放課後等デイサービス 運動学習教室クォーレ
広島古市教室 浜岡です。

 今日は11月11日ですが、「ポッキー&プリッツの日」だそうです。ポッキー&プリッツはその形がスティック状であり、数字の「1」に似ていることからから来ているそうです。そもそもの始まりは、平成11年11月11日だそうです。この日はなんと「1」が6つも並んだおめでたい日でした。

 それはさておき、今日は古市教室で素晴らしい成長を遂げ、みんなのお手本(Model)となっている高学年の2人の子を紹介したいと思います。

 Aくんはすごく物知りで、いろいろな分野の事をくわしくよく知っています。虫や動物、魚はもとより、天体や地理、最近では歴史、特に戦国武将について興味を持ってきています。また、ゲームで野球にも詳しくなっています。王や福本、イチロー、ミスター赤ヘル山本浩二などのレジェンドのこともよく知っていて、自らレジェンドチームを編成して、ゲーム上ではそのチームが大活躍しているそうです。送迎車内では、下級生にクイズを出すなりして、その物知り知識を披露する姿がよく見られていました。

 ここまで書くと、クォーレには他にもたくさんいる物知り少年たちと変わらないように思えますが、彼の素晴らしさはコミュニケーションの場面、特に運動などで、グループで話し合いを持つように先生から指示が出たときなどに顕著に表れてきます。グループ内で率先して意見を出すことはもちろんですが、決してそれを無理に押し通そうとせず、周りの子たちみんなに意見を求めるのです。しかも、相手が低学年の子であれば、答えやすいように問いかけを工夫したりして、一人残らず意見を聞こうとします。そんな建設的な雰囲気で話し合いが進めば、グループで意識が統一され、協力し合いとてもよい動きをグループ全員でできるようになります。
 先生がAくんのそう言った姿勢を取り上げてほめると、周りの子たちも同じように、前向きで民主的な話し合いを持とうと工夫するようになります。先生が間に入らなくても、3-6人の小さな集団でのより良い話し合いが進むのにとてもよいModelとなっています。このあたりの小さい人数での話し合いは、学年が上がって行っても、また将来職場に入っても、頻繁に行われる場面が見られます。それに慣れてうまく参加できるようになるためのよい練習になりますね。

 Bさんは、通い始めてまだ1年と少しですが、大きく成長を遂げ、文句なくお手本となってくれています。
 Bさんは日々のプログラムの中で、常に良い姿勢と高い集中力をキープし、いつもどの瞬間でも、あるべきよい姿を下級生たちに見せてくれています。両足の裏をぴたりと床につけ、背筋をピンと伸ばして、一生懸命取り組む姿は素晴らしいです。また、指示をよく聞いていて、切替えもサッとでき、テキパキとプログラムに取り組んでいます。SAQにおいても、いつも走って移動し、決して手を抜かずに全力できびきびと動けています。特に素晴らしいのは、その表情が生き生きと輝いているところです。
 そんなBさんですが、以前は何らかの理由で遅れて来所すると、途中からプログラムに入ることが難しく、切りのよいタイミングが来るまで職員室で過ごすこともありました。送迎時には、さまざまなことについての不満や愚痴を話し続けることもあり、車内に元気のよい男子がいると、妙に不機嫌になり、静かにするようきつく言うこともありました。
 もちろん慣れてくるにしたがって、徐々にそんな頑なな様子も減ってきました。でも、一番の転機は、日課プログラムの中にある「カルタ」で、大関から横綱に昇進するときだったと思います。プロの相撲の世界でも一時とても話題になりましたが、果たして「横綱としてふさわしい品格を持ち合わせているのかどうか」ということ、それがクォーレでも求められているのです。

 品格とは、辞書によると、「礼儀作法やマナーがきちんとしていて、見た目や行動、言葉遣いなど誰が見ても恥ずかしくないこと」を指すようです。この話を先生から聞いた時に、Bさんはそれにふさわしい人として行動していこうと考え、それ以来高学年として、そして横綱として恥ずかしくない動きをするようになりました。品格と言えば、最近の某国の大統領選挙でも「どうなんだろう…??」と思えるようなニュースが伝わってきていますが…。

 先生から明確なModelを示されたことにより、はっきりと行動の指針が理解でき、それに従って行動しようと心がけるようになり、それを日々実践し続け、今ではもう自然にそれができるようになっている、そういった品格ある行動が当たり前になっているということです。Bさんは、普段の生活から様々なことをポジティブに受け止めるようになり、表情も行動もとても素敵になりました。
 何と素晴らしいことでしょうか!クォーレのプログラムの中で身につけたことが、Bさんの人格によい意味で大きく影響を及ぼし、生涯にわたってよい良い人生を歩んでいくもとになっていくことでしょう。

 前回のブログでも”Model”というものが人間形成や人格形成に非常に重要であるという私見を書かせていただきました。そして、今回はクォーレで”Model”としてがんばってくれている二人の子のことについて、長々と書かせていただきました。今後も子どもたちの成長した姿を励みに、指導員全員でしっかりと支援を続けてまいります。

放課後等デイサービス 運動学習教室クォーレ
広島古市教室 浜岡でした。

詳細・お問い合わせはこちら

図2

株式会社クォーレ

■クォーレ古市教室
TEL:082-877-9001(10時〜18時)
住所:広島市安佐南区中須1‐14‐10‐202
MAIL:qole-houkago@qole.jp(24時間受付中)

■クォーレ五日市教室
TEL:082-943-9001(10時〜18時)
住所:広島市佐伯区五日市中央4‐16‐6‐2F
MAIL:qole-houkago.itsukaichi@qole.jp(24時間受付中)

■クォーレ田方教室
TEL:082-507-0390(10時〜18時)
住所:広島市西区田方2‐14‐7
MAIL:qole-houkago.tagata@qole.jp(24時間受付中)

■クォーレ彩が丘教室
TEL:082-926-3906(10時〜18時)
住所:広島市佐伯区河内南1-12-13
MAIL:qole-houkago.ayagaoka@qole.jp(24時間受付中)

■クォーレ井口教室
TEL:082-279-9077(10時〜18時)
住所:広島市西区草津新町2-18-15-1F
MAIL:qole-houkago.inokuchi@qole.jp(24時間受付中)

■クォーレ牛田教室
TEL:082-511-8080(10時〜18時)
住所:広島市東区牛田東4-15-2-1F
MAIL:qole-houkago.ushita@qole.jp(24時間受付中)


■クォーレ五日市児童発達支援専門教室
TEL:082-943-9001(10時〜18時)
住所:広島市佐伯区五日市中央4‐16‐6‐1F
MAIL:qole-houkago.itsukaichi@qole.jp(24時間受付中)

共有:

SNS:

採用情報:

その他事業:

運動療育/運動/学習/療育/広島/広島市/五日市/廿日市/クォーレ/発達障害/ADHD/自閉症/学習障害/放課後等デイサービス/放課後/発達支援/自立支援/児童発達/広汎性発達障害/アスペルガー/高機能自閉症/ASD/LD